さくらインターネット、Microsoft Azure基盤を採用した「さくらプライベートクラウド」の提供開始

堅牢で手軽なプライベートクラウドを北海道石狩市の石狩データセンターで構築
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/9/4 10:51

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、マイクロソフトのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」基盤を採用したプライベートクラウドを北海道石狩市の石狩データセンターで構築できる「さくらプライベートクラウド」を9月3日から提供開始する、と同日発表した。自社で用意するオンプレミスの堅牢さとホスティングの手軽さを持つプライベートクラウドサービスで、ハードウェアは専有型で提供する。

さくらプライベートクラウドが採用した「Windows Azure Pack」は、Windowsサーバーとシステムセンター上でMicrosoft Azureとユーザーエクスペリエンスを実現する。さくらプライベートクラウドは、地震・津波・液状化リスクの低い安全な立地に開設した北海道石狩市の石狩データセンターで提供する。サーバーなどの機器調達や運用は、さくらインターネットが対応し、「Microsoft Azure」や「さくらのクラウド」とのハイブリッド利用が可能となっている。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

「さくらプライベートクラウド powered by Windows Azure Pack」サービスサイト
http://enterprise.sakura.ad.jp/lp/azure_pack/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]