ミツエーリンクス、独movingimage社と協業し動画配信管理サービスを日本市場で提供

movingimage社はツールに関する知見を共有、ミツエーリンクスは日本語化と拡販に協力

Webインテグレーション事業のミツエーリンクスは、日本市場に向け動画コンテンツの配信・管理サービスを提供するため、ドイツで動画ソリューションを手がけるmovingimage社と協業を開始する、と8月21日発表した。movingimage社は、SaaS(Software as a Service)型のツール「VideoManager」と、ツールに関する知見をミツエーリンクスと共有する。ミツエーリンクスは、動画コンテンツの管理や配信を容易にするVideoManagerのインターフェースの日本語化や拡販に協力する。

VideoManagerは、企業固有のニーズに対応する動画管理ツールで、ソフトウェアを別途インストールすることなく、Webブラウザで動画を管理したり、Webサイトに統合したり、さまざまなデバイスに向けて配信することができる。現在中小企業から大手上場企業にいたるまで、500社以上の企業がVideoManagerをオンラインコミュニケーションに活用している。

ミツエーリンクス
http://www.mitsue.co.jp/

movingimage
http://www.movingimage24.com/en/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]