博報堂とカヤック、ゲームノウハウでブランド課題を解決する「面白ブランドデザインラボ」発足

楽しみながら参加できるブランド浸透施策でインターナルブランディングの課題を解決
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/7/16 20:37

博報堂とデジタルコンテンツ制作のカヤックは、ブランドの課題をゲームのノウハウで解決する「面白ブランドデザインラボ」を発足した、と7月16日発表した。面白ブランドデザインラボの第一弾として、「インターナルブランディング×ゲーミフィケーション」の提供を開始。人が普遍的に持つ感情や欲求に即した楽しみながら参加できるブランド浸透施策でインターナルブランディングの課題解決を目指す。

面白ブランドデザインラボは、ブランド戦略立案や組織・風土改革などさまざまなビジネス領域をカバーする博報堂と、ゲーム参加者の「レベルを上げたい」「ハードルをクリアしたい」「ほめられたい」というゲーム制作で培ったカヤックのノウハウを掛け合わせ、インターナルブランディング×ゲーミフィケーションの提供を開始した。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

カヤック
http://www.kayac.com/

面白ブランドデザインラボ
http://www.kayac.com/news/2015/07/brand_design

用語集
インターナルブランディング / ゲーム / コンテンツ / デジタル / ブランディング / ブランド / 解決 / 課題
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]