電通レイザーフィッシュ、「LINEビジネスコネクト」のマーケ支援プラットフォームを開発

CRMや1対1のコミュニケーションが可能、各種機能を一元管理・運用できるサービスを予定
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルマーケティングの電通レイザーフィッシュは、アプリ開発・運営のLINEが提供する企業向けシステムサービス「LINEビジネスコネクト」を活用したマーケティング支援サービスのプラットフォームを開発する、と11月25日発表した。2015年1月中旬をめどにサービスを始める。LINE公式アカウントだけでできなかったCRM(顧客関係管理)や、1対1のコミュニケーションを可能にする。

ユーザーのデータをサーバーに蓄積しながら、「セグメント配信機能」「コミュニケーション機能(自動応答)」「キャンペーン応募フォーム作成機能」の3種の機能を管理画面上で一元管理・運用できるサービスを予定している。その後、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)や位置情報と連携させたO2O(オンライン・ツー・オフライン)、オムニチャネル対応など、順次サービスを拡張していく。

電通レイザーフィッシュ
http://www.dentsu-razorfish.com/

LINE
http://linecorp.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]