D2C、購買行動におけるインターネット利用動向調査で外食、転職やアルバイト探し、化粧品購入でスマホ活用が活発

情報収集チャンネルでは、11のカテゴリ中10カテゴリで「インターネット」がトップ

モバイルマーケティング事業のD2Cは、パソコン、スマートフォンによる生活者のインターネット利用動向調査を実施し、5月28日調査結果を発表した。商品・サービスのカテゴリごとの情報収集チャンネルでは、調査対象11のカテゴリのうち10カテゴリで「インターネット」の比率がもっとも高かった。情報収集におけるインターネット利用デバイスの比率では、「外食」「転職やアルバイト探し」「スキンケア化粧品・メークアップ化粧品の購入」でスマートフォンの活用が活発だった。調査は3月24~26日に、18~59歳の男女で、プライベート用のスマートフォン保有者に対し、インターネットを利用して実施。有効回答数は1万だった。

性年代別の情報収集におけるインターネット利用デバイス比率をみると、18~29歳女性では外食や化粧品の情報収集にインターネットを利用する人の過半数がスマートフォンを利用していた。調査対象に設定した11の商品・サービスの1年以内の購入者や利用者に、それぞれの情報収集チャンネルについて聞いたところ「映画館での映画鑑賞」を除いた10のカテゴリで「インターネット」がもっとも高い比率となった。インターネットによる情報収集の比率が高かったカテゴリは「旅行や宿泊」が72.1%、「電子書籍の購入」が65.1%、「ゲームの購入・課金」が64.6%、「健康食品・サプリメントの購入」が62.3%、「家電・情報機器の購入」が60.8%などだった。

D2C
http://www.d2c.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]