日本ブランド戦略研、企業の環境サイト調査で1位はサントリー、2位キヤノン、3位日立

サントリーは環境ブランディングのコンテンツが充実、キヤノンは一般消費者向けが多数
よろしければこちらもご覧ください

※5/14更新 本文中の20位までの順位内容に誤りがあったため修正いたしました。

ブランドやウェブサイトに関する調査・コンサルティングを手掛ける日本ブランド戦略研究所は、企業の環境サイトの整備状況について調べた結果を5月2日発表した。1位はサントリーで、2位はキヤノン、3位は日立製作所だった。調査は2月時点の219社の環境サイト対象にした。事前に設定したチェックリストに基づいて基本情報、サポート、ブランディングの3つの情報カテゴリで情報量や掲載方法などが十分かどうか調べ、ネット視聴率測定システムによる閲覧者数を加味した。

トップとなったサントリーは、「サントリーの愛鳥活動」や「サントリーの水育」など環境ブランディングのコンテンツが充実し、幅広い層に支持されている。2位のキヤノンは一般消費者向けに多くのコンテンツを用意し、3位の日立製作所は写真やイラストを多用した構成で、アクセスが多い。上位企業は、環境方針や環境データなど環境報告書に基づく情報の網羅性があり、問い合わせやサイトマップで閲覧の利便性を高めているうえ、コラムなどによる分かりやすい編集が特徴。

Eco Site Survey 2014の20位までの企業は次の通り。
(1)サントリー(2)キヤノン(3)日立製作所(4)東京ガス(5)三菱電機(6)富士通(7)ダイキン工業(8)ブラザー工業(9)パナソニック(10)トヨタ自動車(11)リコー(12)大阪ガス(13)東芝(14)ソニー(15)TOTO(16)シャープ、パイオニア(18)キリン(19)積水ハウス、住友林業

日本ブランド戦略研究所
http://japanbrand.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

バイラル
話題や概念がウイルス(virus)のように広まっていく様子を表現する言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]