アドビとSAPがリセラー契約を締結、Adobe Marketing CloudとSAPソリューションが連携

マーケティング、営業、開発分野に共同で投資を行う
よろしければこちらもご覧ください

米アドビ システムズは3月25日、SAP AGと企業向けデジタルマーケティングおよびオムニチャネルソリューションのグローバルリセラー契約を締結したと発表した。

今回の提携によって、両社はマーケティング、営業、開発分野に投資を行う。また、アドビの統合マーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」を、SAPが提供するデータ分析プラットフォーム「SAP HANA」、eコマースソリューション「hybris Commerce Suite」とともに提供していく。

今後、Adobe Marketing Cloudを利用する企業は、システム統合などの作業に煩わされることなく、両社のソリューションを活用し、顧客体験に注力できるようになる。一例として、hybris Commerce Suiteとの統合による消費者のショッピング体験のパーソナライズ、SAP HANAと連携したデータドリブンなマーケティングインサイトの取得などが挙げられている。

アドビ システムズ
http://www.adobe.com/jp/

SAP
http://www.sap.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]