ロックオン、「THREe」をバージョンアップ、リスティング広告運用最適化の「ヒト型ポートフォリオ」提供開始

運用者の入札戦略をアルゴリズム化した入札機能の開発によって課題を解消

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、インハウスマーケティングシステム「THREe(スリー)」をバージョンアップし、リスティング広告の入札運用を自動的に最適化する「ヒト型ポートフォリオ」を2月8日に提供開始する、と1月29日発表した。従来のリスティング自動入札サービスは、まとまったデータサンプルを必要としたり、機能のチューニングが必要だったりと課題があった。ロックオンでは運用者の入札戦略をアルゴリズム化した入札機能の開発によって課題を解消した。

ヒト型ポートフォリオは、ロックオンのリスティング運用の専門家が開発チームに参画し、「ヒト型ポートフォリオ」と呼ぶべき入札機能を開発した。「予算」と「目標効率」を設定する操作だけで、データが少ないアカウントでも、人間が運用するように最適な入札を自動で行うことができる。運用者の入札負担を大幅に軽減するほか、これまで自動入札機能の恩恵を受けることがなかったミドル層以下の広告主にも従来にない価値を提供する。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]