ニールセン、生活者のマルチスクリーン利用動向分析で、テレビ視聴中にスマホで行うのはゲームやチャット

利用するスクリーンは「テレビ」と「パソコン」の組み合わせが高く74%

インターネット調査のニールセンは、11月1日に発売した「Nielsen Digital Consumer Database 2013」からのデータを基に生活者のマルチスクリーン利用実態、複数デバイスの同時利用(ながら利用)状況を分析し、11月12日、結果を発表した。複数デバイスを保有するユーザーの61%がデバイスの同時利用を経験していた。年代別では若年層の同時利用率が高く、10代、20代では約80%のユーザーが同時利用をしていた。その際に利用するスクリーンは「テレビ」と「パソコン」の組み合わせが高く74%、次いで「テレビ」と「スマートフォン」の組み合わせが46%だった。テレビ視聴中にスマートフォンをセカンドスクリーンとしてもっとも利用するユーザーがスマートフォン上で行っているのは、1位がゲームで42%、2位は通話やチャット・メールの37%、3位はSNSで28%だった。調査は9月20~23日に、パソコン、従来型携帯電話、スマートフォン、タブレットのいずれかのデバイスを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国の15歳以上の男女を対象に実施。有効回答数は3102だった。

テレビを視聴しながらスマートフォンで行っていることの4位以下は、「テレビで流れている情報について検索をする」が26%、5位は「ニュースや金融情報・天気予報などの情報を収集する」が24%だった。スマートフォンの保有に着目してマルチスクリーン利用動向をみると、スマートフォンをテレビ視聴中に同時利用している割合は49%でパソコンの45%を上回った。年代別ではスマートフォンを保有する10代の62%、20代の54%がテレビに次ぐスクリーンとしてスマートフォンを利用していることが分かった。30代を境に、40代以上ではパソコンの割合がスマートフォンを逆転する状況となっていた。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]