Web広告研究会、第1回Webグランプリ「Web人部門」一次審査の一般投票受付開始

本年度は35名(チーム含)がノミネート、一般投票の受け付けは10月7日まで
よろしければこちらもご覧ください

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会は、Web業界へ影響を与え、発展に貢献したWeb人を表彰する第1回Webグランプリ(Web人部門)の一次審査を9月17日に開始した。一般による投票を10月7日まで受け付ける。

Web人を表彰するWebクリエーション・アウォードは、本年度から日本の企業ウェブサイトの発展に寄与してきた企業ウェブ・グランプリと統合し、Webグランプリとして開催。11回目となるWebクリエーション・アウォードには、53件の推薦が寄せられ、その後、了承が得られた35名(チーム含む)を対象に、「最もWeb社会に貢献した人物」を一般投票によって募る。

一次審査では一般投票によって10名ほど、投票期間終了後のWeb広告研究会審査委員会による審査で5名を選出する予定。二次審査では、10月21日から11月4日までWeb広告研究会 会員社による投票を実施してWeb人大賞を決定、また審査委員会による審査でその他の賞を決定する。最終審査の結果は、12月2日に八芳園(東京都・港区)で行う贈賞式で発表する。

第1回Webグランプリ
http://award.wab.ne.jp/

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]