日本レジストリサービス、汎用トップレベルドメイン「.jprs」がICANNの初期審査通過を発表

インターネットに関する自立的研究ができる環境の提供と知見を役立てることが狙い
岩佐 義人(Web担 編集部) 2013/8/20 0:07

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)運用の日本レジストリサービス(JPRS)は、ドメイン名やIPアドレスなどの調整を行うICANNに申請した汎用トップレベルドメイン(gTLD)「.jprs」が初期審査を通過した、と8月19日発表した。「.jprs」はインターネットに関する自立的な研究ができる環境を提供し、運用を通じて得た知見を役立てることを狙いとしている。

「.jprs」は、インターネットに関する研究や開発を主目的にしたトップレベルドメインで、JPRSが申請した。JPRSが研究に用いるだけでなく、技術コミュニティ、学術系機関、指定事業者など、パートナーと共同で行う研究にも用いる。既存のgTLDと違って一般からは登録を受け付けず、JPRS自身が唯一の登録者となる。

日本レジストリサービス
http://jprs.co.jp/

用語集
DNS / ICANN / JPRS / gTLD / ドメイン / 事業者 / 学術 / 技術 / 研究
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]