ソフトバンク・テクノロジーと東京理科大学、ビッグデータを活用した共同研究契約を締結

データを複合的に分析することで、顧客行動における傾向を調査し、予測モデルを構築

システム設計・構築のソフトバンク・テクノロジー(SBT)と東京理科大学は、ビッグデータを活用したデータマイニングに関する産学協同研究を開始する、と6月18日発表した。データマイニングとは、大量の文書やデータベース、Webページなどから有効な情報を抽出する情報技術。共同研究は、ECサイトの運営活動や顧客の購買活動におけるあらゆるデータを複合的に分析することで、顧客行動における傾向を調査し、予測モデルを構築することを目的としている。

ECサイト運営では、顧客が購入した購買実績データ、ECサイトへのアクセスデータ、会員向けメールマガジン配信データ、コールセンターデータ、イベントデータなどの「ビッグデータ」が存在する。データを連携し、分析することにより、顧客の行動の傾向を導き出し、予測モデルに落とし込んで、より実践的なECサイトの経営戦略に応用することができる。プロジェクトは、SBTが運営する約500万ユーザーの大規模ECサイトで得たビッグデータを基に、SBTの技術ノウハウと東京理科大学のデータマイニング研究能力を組み合わせる。

ソフトバンク・テクノロジー
http://www.softbanktech.co.jp/corp/

東京理科大学
http://www.tus.ac.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]