NEC、企業がビッグデータの分析を迅速に低コストで始められるクラウドサービスを開始

「顔認証技術活用マーケティング」「不審者監視セキュリティ」「テレマティクス」を提供

NECは、企業がビッグデータ(多種・大量のデータ)の分析を迅速に低コストで始められるクラウドサービスの販売を11月7日開始した、と同日発表した。開発した世界トップクラスのデータ分析技術を搭載したシステムを活用。国内で初めてのクラウドサービス「顔認証技術活用マーケティング」、同「不審者監視セキュリティ」と、自動車からの位置や車速情報に基づく自動車向け情報提供「テレマティクス」の3種の分析サービスを展開し、順次、メニューを拡充する。

顔認証技術活用マーケティングは、店舗などに設置するカメラに映った人物の年齢・性別を推定。来店日時と合わせて継続的に蓄積して来店者の年齢・性別・リピート数などの傾向が分析できる。月額7万円から。不審者監視セキュリティは2013年1月末に開始。カメラ映像からリアルタイムに人物を検出し、特徴を自動的にデータベースに登録して不審者を検索する。料金は個別見積もり。テレマティクスは2013年3月末に始め、ユーザの行動を予測して情報を配信する。

NEC
http://jpn.nec.com/

NECのビッグデータ活用
http://www.nec.co.jp/solution/bigdata/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]