Fringe81、第三者アドサーバー「digitalice」の計測機能を拡張、未訪問者の把握が可能

可能性の高いユーザーが多い媒体で新規訪問者増へ、ユーザーと顧客データの連携も実現
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告技術開発・コンサルティングのFringe81は、同社の第三者配信アドサーバー「digitalice(デジタリス)」の計測機能を拡張した、と10月22日発表した。まだ広告主のサイトを訪問していないユーザーが多い媒体を把握できるようにしたほか、商品購入や資料請求などコンバージョンにつながったユーザーと顧客管理データとの結び付けを可能にした。第三者配信は、媒体社ではなく代理店などが管理するサーバーから配信する仕組みを指す。

digitaliceは新たに、広告主のサイトを訪問する前に広告掲載サイトで配信される「配信タグ」に触れたユーザーが把握できる「ヴァージンユーザー計測機能」を搭載。広告主にとって未接触の新規ユーザーが発見でき、可能性の高いユーザーが多い媒体が分かり、新規訪問者の増加につなげられる。さらに、コンバージョンしたユーザーごとの売り上げや購入点数、性別などとの連携「マルチパラメータ付与機能」でデータごとに閲覧媒体が分析できる。

Fringe81
http://www.fringe81.com/

digitalice
http://www.digitalice.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]