グーグル、アドワーズで地域ターゲティング広告を簡単に実施できる「AdWords Express」を開始

1700以上の業種から選択し、住所情報などを入力するだけで簡単に広告出稿を開始できる
よろしければこちらもご覧ください

グーグルは10月11日、フォームに沿って情報を入力するだけで、簡単に地域ターゲティング広告を実施できる検索連動型広告「AdWords Express(アドワーズエクスプレス)」を提供開始した。文字数などの広告フォーマットはアドワーズと同じ。アドワーズでも地域ターゲティングは可能だが、よりも簡単に、専門知識がなくても始められるのが特徴。

広告はGoogleの検索結果やGoogleマップ上に、AdWords Expressで設定したキーワード(店舗やビジネスの説明)、5つまで設定できるカテゴリ情報に基づいて表示される。地域情報は検索ユーザーの物理的な位置情報、または検索キーワードから判別し、GPS対応のモバイル端末であれば地域名は必要ない。

AdWords Expressで設定した広告表示のイメージ

登録に必要な作業は、「お店やサービスの情報入力」「広告の作成」「お支払い情報の設定」の3つ。既存のグーグルアカウントが利用できる。1700以上の業種から自社にあったものを選択したうえで、店舗情報、店舗説明のキーワード、カテゴリなどを入力し、1か月の上限予算を設定するだけで完了する。広告予算は、指定された業種やカテゴリ情報などをもとに、近隣住所で広告を運用した場合の予算が自動的にシミュレーションされ、広告主は3段階の予算レベルから選択するか、任意の予算を入力する。

どんなキーワードで運用したらいいのか、ターゲットをどのように設定するのか気にすることなく始められる反面、コンバージョン分析、複数の広告キャンペーン設定、キーワード別の上限クリック単価設定などはできない。より高度な運用を行う場合は、アドワーズに移行して新規にキャンペーンを作成しなくてはならない。

グーグルではAdWords Expressを広告サービスの多様化と位置づけており、「オンラインに初めて触れたという人はまだまだ多い。そうした人に向けて始めたのは大きな理由の1つ」と話している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]