日本コンピュウェア、APMソリューションの新バージョンを発表、dynaTraceやGomezを日本語化

dynaTraceは、全トランザクションをサンプリングなしで24時間モニタリングできる点が特徴。
よろしければこちらもご覧ください

日本コンピュウェアは、同社の提供するAPM(アプリケーションパフォーマンス管理)ソリューション「Compuware APM」最新版の日本語バージョン提供を10月1日から発売開始する。

すでに日本語化されていたCompuware Data Center Real User Monitoring solutionに加え、次の2製品を日本語化して提供する。

・Compuware dynaTrace 4.2J
 (日本語化)
・Compuware Gomez APM Portal 1.6J
 (新バージョン、インターフェイスやマニュアルの日本語化、プラットフォーム強化)

今回日本語化されたdynaTraceは、全トランザクションをサンプリングなしで24時間モニタリングできる点が特徴。

オンプレミスの製品だが、サーバーソフトウェアにdynaTraceエージェントをインストールすることで、クラウド側のパフォーマンス測定も可能。全トランザクション測定によるシステムへの影響は、ソフトウェアによるCPU使用率の3%増程度とのこと。

現状はJava、.NET、C言語に対応しており、次バージョンではPHPにも対応予定。

ブラウザ側エージェントはdynaTrace Ajax Editionの機能拡張版で、サーバー側のパフォーマンスデータと統合してデータを確認できることが特徴。

dynaTraceのライセンス料は、サーバー側が153万円(仮想マシンまたはOSごと)、ブラウザ側エージェントは145万6000円(ブラウザごと)。

日本コンピュウェア
http://jp.compuware.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]