デジタル広告管理プラットフォームの米マリンソフトウェアが日本法人を設立

元アドビシステムズの池田智幸氏が社長に就任、各国拠点と連携して事業展開

デジタル広告管理プラットフォームの米マリンソフトウェアは、日本法人のマリンソフトウェアを設立し、9月12日に日本で事業を始めた、と同日発表した。米マリンソフトウェアは、世界で1800以上の顧客を持ち、年間約40億ドル(約3200億円)のオンライン広告を運用している。

日本法人の社長には、元アドビシステムズの池田智幸氏が就任した。池田氏は通販事業のオットージャパンやインターネット広告のオーバーチュアに勤務した経験もある。日本法人は、米国本社や英国、フランス、ドイツ、シンガポール、豪州などの拠点と連携しながら、日本で製品展開を進める。

マリンソフト
http://www.marinsoftware.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]