さくらインターネット、「さくらの専用サーバ」に新シリーズ「エクスプレスG2シリーズ」

即納サーバーモデルのラインアップを強化、SSDや高速ストレージ「ioDrive」が選択可能

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、同社が展開する専用サーバーサービス「さくらの専用サーバ」に新シリーズ「エクスプレスG2シリーズ」を加え、7月31日に提供開始する、と7月23日発表した。インテルの最新プロセッサー「"Ivy Bridge"Xeon E-3 1230V2 3.30GHz(4Core)」を搭載した富士通の「PRIMERGY RX100 S7」を採用し、即納サーバーモデルのラインアップを強化した。

内蔵ストレージとして、HDD(Hard Disk Drive)を上回る性能を持つSSD(Solid State Drive)や、Fusion-ioの高速ストレージ「ioDrive」が選択できることが特長。標準で16GBの大容量メモリを搭載し、最大32GBまでの構成できる。インターネット接続回線は100M共有回線(ベストエフォート)が標準で、オプションで帯域保証回線やギガ回線も可能。初期費用なし、月額1万9800円から。申し込みから最速10分で利用できる。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索オプション
より目的の検索結果となるように検索条件を絞り込める検索のこと。サイト内検索を提供 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]