博報堂と博報堂DY、コンテンツ活用ビジネスを支援する「コンテンツビジネスラボ」発足

調査を基にした独自モデルを利用してコンテンツが起点の広告・ビジネス設計をサポート
よろしければこちらもご覧ください

広告大手の博報堂と、総合メディア事業の博報堂DYメディアパートナーズは、コンテンツを活用した広告コミュニケーションや新規ビジネスを共同で支援するチーム「コンテンツビジネスラボ」を立ち上げた、と7月12日発表した。博報堂のマーケティング・研究開発担当者と、博報堂DYメディアパートナーズのコンテンツビジネス開発担当者などで構成する。コンテンツを起点にした広告やビジネス設計を専門にサポートする。

独自に実施する「コンテンツファン消費行動調査」と名付けた生活者調査の結果を基に、「コンテンツファン発火モデル」と呼ぶ消費を活性化させる方法でアプローチする。消費行動調査ではマンガ・ライトノベル、小説、映画、音楽、ゲーム、美術展・博覧会、スポーツなど11分野を分析する。発火モデルは、コンテンツファンの消費や気持ちに火をつける手法と流れで、このモデルを使ってコンテンツを保有する企業などを支援する。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]