日経BPコンサル、Webブランド調査で「Yahoo! JAPAN」が連続トップ、2位は「楽天市場」

上昇ランキングで「Twitter」「Facebook」が伸びてソーシャルメディア拡大を裏付け

マーケティング・リサーチの日経BPコンサルティングは、企業・団体が運営する日本の主要500サイトを対象にブランド力を調べた「Webブランド調査2012-春夏」の結果を6月27日発表した。サイトの総合力を示す「Webブランド指数」で「Yahoo! JAPAN」が前回(半年前)に続きトップとなった。2位は「楽天市場」、3位は「Amazon.co.jp」、4位は「Google」。調査は半年ごとに行い、今回は4月4~22日に実施した。1人の回答者が任意の6サイトを評価する。有効回答数は3万8420。

上位がネット専業サイトで占められる一方、「サントリー」が8位、「McDonald's Japan」が10位に入った。サントリーはキャンペーンが関心を高め、2割近い回答者が3ヵ月以内にキャンペーンコンテンツを利用。McDonald's Japanは直感的な操作のしやすさが評価された。上昇ランキングでは、1位がソーシャルメディアへの対応に積極的な「ヤマハ」で、「Twitter」が3位、「Facebook」が13位と、ソーシャルメディアの急拡大を裏付けていた。

Webブランド指数の5~20位は次の通り。

(5)ECナビ(6)価格.com(7)Wikipedia(8)サントリー、You Tube(10)McDonald's Japan(11)東京ディズニーリゾート(12)楽天トラベル(13)じゃらんnet(14)サッポロビール(15)クックパッド(16)アサヒビール(17)ANA SKY WEB(18)T-SITE(19)CLUB Panasonic(20)ゆうびんホームページ

日経BPコンサルティング
http://consult.nikkeibp.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]