ガイアックス、「Facebookページ」企業向け「Facebook活用支援サービス」をアイレップと開始

ソーシャルメディア活用支援サービス、監視運用業務一元管理ツールと広告を融合

ソーシャルメディア関連事業のガイアックスは、「Facebookページ」を持つ企業向けの「Facebook活用支援サービス」を5月18日始めた、と同日発表した。検索エンジンマーケティングのアイレップと共同で実施する。ガイアックスのソーシャルメディア活用支援サービス「Fantastics(ファンタスティクス)」、ソーシャルメディア監視運用業務の一元管理ツール「PoF(ポフ)」と、「Facebook」に掲載されるアイレップの「Facebook Marketplace広告」を融合させ、集客と運営をサポートする。

広告、投稿監視・運用代行、「Facebookアプリ」のASP、Facebookファン解析ツールの各サービスを展開する。例えば、Facebookページでキャンペーンを展開する場合、ガイアックスのFacebook用キャンペーンアプリASPを使い、アイレップの広告運用サービスを提供する。Facebookページを保有する企業が増加する中、適切に運用して活用しないと効果が出ないうえ、業務に負担がかかってしまうことから、支援サービスを行うことにした。

ガイアックス
http://www.gaiax.co.jp/jp/

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]