mediba、スマートフォン向けのデマンドサイドプラットフォーム一元管理システムを提供

パフォーマンスや広告効果を分析して広告予算を自動最適化・配分する日本初のシステム

KDDI系でスマートフォン・携帯電話広告のmedibaは、ディスプレイ広告の広告買い付け、掲載、ターゲティングといった一連の作業を統合的に管理するデマンドサイドプラットフォーム(DSP)の一元管理システムの提供を5月下旬に始める、と5月16日発表した。スマートフォン向けの各DSPのパフォーマンスや広告効果を分析し、広告予算を各DSPに自動最適化して配分できる日本初のマーケティング支援システムとなる。

DSPは、これまで主流だった媒体を選んで広告枠単位で広告を売買する方法ではなく、利用者のデータを基にユーザー単位でターゲティングして、より効果的に広告を配信する仕組み。DSP一元管理システムによってプロモーションの戦略立案からレポーティングまでの作業日数を削減し、単一のDSPを運用するより効率的な運用が可能になる。

mediba
http://www.mediba.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]