博報堂など、読者コミュニティで商品開発するソーシャルネット型プログラム「MAGIC」開発

オンラインコミュニティのメンバーディスカッションから買う動機を発見して開発に活用
よろしければこちらもご覧ください

広告大手の博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、雑誌の読者コミュニティのメンバーをオンライン上に集めて商品開発するソーシャルネットワーク型のプログラム「MAGIC(マジック)=Magazine Innovation Community」を開発した、と3月30日発表した。3週間から1年の期間、オンラインコミュニティに集まった読者メンバーがテーマに沿ってディスカッションし、参加者の会話から買う動機を発見して商品やコミュニケーション開発に活用する。

オンラインコミュニティでの調査のほか雑誌の誌面も使い、開発中の商品の情報発信や読者に意見を求める場を設け、読者とともに商品開発を進める。読者と開発した商品やコミュニケーションのメッセージに基づき、マーケティングプランの立案・実行まで提供する。販売が伸び悩んでいる既存商品をリニューアルする際に読者コミュニティの意見を取り入れたり、商品購入のきっかけをさかのぼって調べてニーズに基づいて開発するなどの用途にも利用できる。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]