鈴与シンワート、Web改ざん監視&自動復旧ソリューション「WebALARM」を発売

官公庁を中心とした国内300サイトで実績のあるWebサイト改ざん対策ソリューション
よろしければこちらもご覧ください

情報サービス事業の鈴与シンワートは、Web改ざん監視&自動復旧ソリューション「WebALARM」を2月23日発売する、と同日発表した。WebALARMはセキュリティソフトのイーロックジャパンが開発し、既に官公庁を中心とした国内300サイトで実績のあるWebサイト改ざん対策ソリューションで、今回、鈴与シンワートが代理店となった。

WebALARMは、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準であるPCIデータセキュリティスタンダードの要件に対応。データの改ざんを検出すると自動的に対応し、手動操作なしにWebサイトを回復。不正改ざんファイルを保存して、管理者に通知する。追加のスクリプトやプログラミングは不要。ファイルのホットアップデートをサポートしているため、連続的な監視プロセスが中断することがない。価格は18万8000円から。

鈴与シンワート
http://www.shinwart.co.jp/

WebALARM
http://www.shinwart.co.jp/webalarm/main/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラスタリング
複数のものをまとめてひとかたまりにすること。 複数のコンピュータを連動させ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]