ブレインパッド、大量データ蓄積&分析のクラウドソリューション「Cloudstock」を提供

まず2月28日からソーシャルゲームを提供する企業向けのサービスを開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2012/2/24 0:13

データマイニングと最適化技術のブレインパッドは、データ分析分野でのクラウドコンピューティングに参入、クラウドソリューションのブランド名を「Cloudstock(クラウドストック)」とし、まず2月28日からソーシャルゲーム提供企業向けのサービスを開始する、と2月23日発表した。サービスの内容は2月28日、29日に東京国際フォーラムで開催する「ビッグデータEXPO2012春」において、同社のブースで公開する。

Cloudstockは、クラウドサービス「アマゾンウェブサービス」と超並列処理データベース「Greenplum Data Computing Appliance」を採用し、大量に発生するデータをクラウド上で蓄積・処理しすることが可能。インターネットを通じてプラットホームを提供するPaaS型のため、迅速、安価で導入できる。また現場の担当者が直接データを分析できるBIツール「pentaho」を採用している。料金は月額10万円からの従量課金。

ブレインパッド
http://www.brainpad.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]