エムティーアイとヤフー、スマートフォン向けソリューション事業において連携を開始

まず、Web API、決済サービス、クラウドサービスで連携し、今後は広告を含めた総合的連携を予定
よろしければこちらもご覧ください

モバイルコンテンツ配信事業のエムティーアイとYahoo!JAPANを運営するヤフーは、スマートフォン向けソリューション事業で2月23日から連携を開始する、と同日発表した。エムティーアイはスマートフォン向けソリューションサービスの充実、Yahoo!JAPANはオープン化戦略のスマートフォン分野での拡大と推進を図るのが狙い。今回は、Web API(特定の機能を持つプログラム)、決済サービス、クラウドサービスの連携を開始した。今後は広告も含めた総合的な連携を予定している。

Web APIではエムティーアイのスマートフォン最適化ソリューション「モバイルコンバートforスマートフォン」とYahoo!JAPANが提供する「Yahoo!OpenLocalPlatform」を連携し、クライアントのスマートフォンサイトに地域関連情報を簡単に追加できるようにする。決済サービスではエムティーアイの認証決済プラットホーム「mopita」において「Yahoo!JAPAN ID」と「Yahoo!ウォレット」との連携を行う。クラウドサービスでは、エムティーアイがYahoo!JAPANのグループ企業でデータセンター事業を行うIDCフロンティアのクラウドサービスを利用する。

エムティーアイ
http://www.mti.co.jp/

ヤフー(Yahoo!JAPAN)
http://www.yahoo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]