ディーツーコミュニケーションズ、モバイル利用動向調査でスマートフォンユーザー比率が20%以上

携帯電話のみのユーザーは79.4%、スマートフォンのみは15.3%、併用が5.3%
よろしければこちらもご覧ください

モバイル広告のディーツーコミュニケーションズは、全国の携帯電話(フィーチャーフォン)、PHS、スマートフォン所有者を対象にフィーチャーフォンとスマートフォンの利用動向調査を実施。12月14日、調査結果を発表した。所有する端末ごとのユーザー比率は、通常の携帯電話(フィーチャーフォン)のみのユーザーが79.4%、スマートフォンのみのユーザーが15.3%、併用しているユーザーが5.3%であり、「スマートフォンのみ」と「併用」を合計するとスマートフォンを所有しているユーザーは20%を超えていることが分かった。調査は10月28~30日に、15~69歳の男女でプライベートで携帯電話、PHS、スマートフォンを所有するユーザーに対し、インターネットを利用して実施。有効回答数は3096だった。

ユーザー別のメディア接触状況に関する質問では、フィーチャーフォンユーザーは「パソコンでのインターネット利用」が175.3分、「テレビ」が164分、「ラジオ」が31.3分、「フィーチャーフォンでのインターネット利用」が25.9分の順に接触時間が長かった。一方、スマートフォンユーザーは、「パソコンでのインターネット利用」が148.4分、「テレビ」が136分、「スマートフォンでのインターネット利用」が70.4分、「スマートフォンでのアプリ利用」が53.2分の順で、総じてフィーチャーフォンユーザーがスマートフォンユーザーよりもマスメディアへの接触時間が長い傾向にあることが分かった。スマートフォンユーザーのスマートフォンによるインターネットとアプリの利用時間の合計は123.6分であり、長時間スマートフォンを利用していることも分かった。

ディーツーコミュニケーションズ
http://www.d2c.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]