トライバルメディア、ソーシャルメディアのリスク診断などを行う「Social Media Risk Manager」提供開始

従業員の抱える炎上事故の潜在的リスクを把握し、eラーニングによって回避法を学習

ソーシャルメディアマーケティングのトライバルメディアハウスは、企業のソーシャルメディア利用における「炎上事故(非難や批判が殺到すること)」の防止を目的として、ソーシャルメディアのリスク診断とeラーニングによる研修プログラム「Social Media Risk Manager」を12月中旬に提供開始する、と12月2日発表した。従業員に対してソーシャルメディア利用実態のアンケートを行って潜在的リスクを把握すると共に、「ソーシャルメディアの理解」「炎上リスクの種類と回避法」をeラーニングによって学習する。

Social Media Risk Managerは、従業員が抱える潜在的なリスクをアンケートを用いて部署、年次、役職、質問項目別などで詳細に把握することが可能。診断結果に基づき、eラーニング、ソーシャルメディアガイドライン、炎上対策マニュアルの必要性や緊急度を定量的に判断することができる。公式アカウント運営者向けだけでなく、一般従業員向けプログラムも用意した。提供価格はリスク診断とeラーニングのセットが初期設定費用1回50万円、一般従業員向けが1人4500円、広報・広告・宣伝・マーケティング担当者向けが1人7000円。eラーニングのみは初期設定費用が1回30万円、一般従業員、広報・広告・宣伝・マーケティング担当者向けはそれぞれ1人3500円、5000円を予定している。

トライバルメディアハウス
http://www.tribalmedia.co.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]