ロックオン、広告効果測定の「アドエビス」をスマートフォンとタブレットに対応

機器・OSごとのアクセスデータの比率や機器ごとの検索ワードなどの詳細分析が可能
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、同社の広告効果測定システム「アドエビス」をバージョンアップし、従来のPC、携帯電話に加え、スマートフォンとタブレットのユーザー分析を可能にした、と11月7日発表した。機器やOSごとのアクセスデータの比率のほか、機器ごとの検索ワードなどが詳細に分析できる機能を実装した。スマートフォンユーザーの急激な増加に対応した。

どの機器のユーザーがサイト内でどんな動きをして成果につながっているか、や、成果に結び付いたユーザーが利用していた機器を調べるなど、細かな分析が可能になる。そのため、これまで以上に具体的な対策が可能になり、改善を図ることができる。アドエビスの利用者からスマートフォン、タブレットへの対応を求める声が多く寄せられたことから、バージョンアップした。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

アドエビス
http://www.ebis.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]