アユダンテ、「つぶやきデスク」利用者に向け社員のつぶやきを監視する「モニター専用リスト」を公開

社員のTwitterアカウント監視により不適切なツイートが発信された際には迅速に対応
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/11/1 21:57

Webマーケティング支援のアユダンテは、同社の「Twitter」クライアントソフト「つぶやきデスク」のビジネスプランを利用する企業を対象に、社員のTwitterアカウントを監視する「モニター専用リスト」を公開した、と10月31日発表した。モニター専用リストの利用により、社員によって不適切なツイート(つぶやき)が発信された際には迅速に対応することができる。

モニター専用リストは、監視ワードの設定により、該当ツイートのメール通知や一括ダウンロードが可能。登録したユーザーのツイートはつぶやきデスク上に保存するため、問題発生後にツイートを削除しても記録を残すことができる。モニター専用リストを閲覧できるのは担当者のみとなる。これらの機能によって、社員による不適切な情報発信への対応が可能になるという。

アユダンテ
http://www.ayudante.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]