リンクとエーティー、専用サーバーの安価なパッケージ「at+linkユニットサーバサービス」を提供

ユーザーがコントロールパネルからサーバーの電源再投入やネットワーク設定可能

ネット関連サービスのリンクとサーバー機器のエーティーワークスは、共同で専用サーバーの安価なパッケージ「at+linkユニットサーバサービス」を9月29日から提供する、と9月21日発表した。コストをかけずにサーバーの運用を行いたいというユーザーの要望に応え、ユーザー自身がサーバー運用を行うことができる同サービスを提供することにした。ユーザーが遠隔から専用のコントロールパネルに接続し、サーバーの電源再投入やネットワーク設定を行うことができる。

at+linkユニットサーバサービスは、サーバー追加が1台あたり月額2100円の低コストで運用できる、3台・5台・10台のパッケージから選択できる、最低利用期間の規定がないためキャンペーンなどで短期利用することも可能などの特長を持つ。サーバーはCore2Duo搭載マシンかCore i7搭載マシンから選択する(Xeon搭載マシンの提供も予定)。料金は最大サーバー台数が3台の「S3」プランが初期費用7万9800円、月額料金が2万9400円。同5台の「M5」プランが初期費用10万9200円、月額料金が4万8300円。同10台が「L10」プランは初期費用14万1750円、月額料金が9万5550円となっている。

リンク
http://www.link.co.jp/

エーティーワークス
http://www.atworks.co.jp/

at+link
http://www.at-link.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]