サイバーエージェント、スマートフォン検索連動型広告の効果予測型入札機能「Bid Manager sp」提供

アルゴリズムには同社独自のロジックや金融工学など多数の手法を応用

インターネット広告代理事業のサイバーエージェントは、検索連動型広告向け統合アプリケーション「Search Suite」で、スマートフォン検索連動型広告に対応した効果予測型入札機能「Bid Manager sp」を8月25日に提供開始する、と18日に発表した。

Bid Manager spでは、過去の配信データと独自のアルゴリズムに基づき、各キーワードの入札価格の組み合わせを最適化し、スマートフォン検索連動型広告の広告効果改善を実現していく。アルゴリズムには、検索連動型広告の運用経験に基づく同社独自のロジックや、計量ファイナンス、金融工学などの手法を応用しているという。入札機能はPC向け検索連動型広告にも対応する。

サイバーエージェントでは、新機能を2011年12月までにPC、スマートフォンあわせて100社を目標に導入していく。これまでに提供してきた、スマートフォン検索連動型広告の競合比較・分析ツール「Competitor Manager sp」などに加え、新たに入札機能を提供することで、スマートフォン検索連動型広告における企業の広告効果の最大化を目指す。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]