CMサイト、ソーシャルメディアに対応したネットCM関連のツール3種類の販売を開始

各媒体で展開できる「クラウド型レンタルCM」や「Facebook」用「CMアプリ」など
よろしければこちらもご覧ください

インターネット動画広告サイト運営のCMサイトは、ソーシャルメディアに対応したネットCM関連のツール3種類の販売を8月1日に始める、と7月26日発表した。ページにタグを設置することで、さまざまなネット媒体でネットCMが展開できる「クラウド型レンタルCM」、申し込みページにナレーターを登場させる「アクティブ・フローティングガイド」、企業の「Facebook」ページでユーザーのCM視聴を広げる「CMアプリ」の3商品。

 クラウド型レンタルCMは、各種のネットメディアで認知の向上が期待できる。タグ1つにつき初期設定費3万円、月額3万円。アクティブ・フローティングガイドは、商品購入・申し込みページでナレーター動画によって音声で商品説明。サーバーから既存ページに重ねて動画音声を付加する。制作費20万円、月額3万円。CMアプリは、ユーザーがCMを見ると、つぶやき欄に「CMを見ました」のコメントが付いてCMが投稿される仕組み。初期費費3万円、月額3万円。

CMサイト
http://corp.cmsite.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス