コモドジャパン、東日本大震災の被災地復旧支援でSSLサーバー証明書を無料提供

被災者支援の情報発信サイトと被災地の復旧活動を行うサイトが対象
よろしければこちらもご覧ください

インターネットセキュリティのコモドジャパンは、東日本大震災の被災地支援でWebサイト運営者の実在性を証明し、通信を暗号化するSSLサーバー証明書を無料で提供する、と3月24日発表した。被災者救援のための情報発信サイト、災害復旧活動を行うサイトが対象。申し込みは電話か電子メールによる個別相談となる。

提供するSSLサーバー証明書は、有効期間1年、企業認証タイプの「Instant SSL」。震災後、さまざまな支援活動がサイトを利用して行われているものの、義援金詐欺を目的にしたフィッシングサイトも多いことから、サイト運営者と利用者保護のためSSLサーバー証明書の無料提供を決めた。

コモドジャパン
http://jp.comodo.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]