マイクロソフト アドバタイジング調査、購入までに商品カテゴリーによって異なる行動

オンラインショップでの購入ではクチコミの影響力が強い特長も
よろしければこちらもご覧ください

マイクロソフトのオンライン広告事業部門、マイクロソフト アドバタイジングは、オンラインメディアが消費行動に与える影響についての調査結果を1月13日発表した。消費者は実際の購買までに、商品カテゴリーによって異なったアプローチを取り、それに合わせた対応が必要だった。同時に、オンラインショップでの購入に際して、クチコミの影響力が強いといった特徴も見られた。調査は、日本人1015人を含む世界17ヵ国19000人を対象に実施した。

購入に至るまでの消費者の行動パターンを分析すると「衝動買い」「習慣的な購入」「じっくり調査して購入」の3パターンがあり、食料雑貨やファストフードはネットショップやクーポンを活用した習慣的な購入、電化製品はじっくり調査して購入する人が多い傾向があった。アパレル商品は購入前に調査する傾向はあるものの、衝動買いの傾向が強くみられた。

他国の消費者と比べ日本人には、未来に自信を持てていない、携帯電話でのクーポン活用率が高い、オンラインショッピングへの関心が高い、オンライン上のクチコミの影響力が極めて強いといった特徴があった。

マイクロソフト アドバタイジング
http://advertising.microsoft.com/japan/home

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]