スカイアーチネットワークス、クラウド型専用サーバー「RootCloud」の提供を開始

クラウドと専用サーバーのメリットを合わせた初期費用無料、契約期間1ヵ月から

ITアウトソーシングのスカイアーチネットワークスは、クラウド型の専用サーバー「RootCloud」の提供を1月4日始めた、と同日発表した。ウェブ制作会社のニーズに応え、クラウドと専用サーバーのメリットを合わせたという。初期費用無料、契約期間は1ヵ月からで、キャンペーンサイトや開発・検証環境など短期間に利用に適している。月額2万円(税別)、年間契約の場合は20万円(同)。サービス申し込み後最短10分で利用できる。

企業サイトでクラウドサーバーへのニーズが高まる中、性能への不安などから共有環境のクラウドではなくホスティングで専用サーバーを選ぶケースも少なくないことから、サービス提供を決めた。多くの専用サーバーで必要な初期費用や年間契約をなくし、クラウドによって短期導入を可能にすることで、専用サーバーを気軽に利用できるようにした。2011年中に100社の利用を目指す。

スカイアーチネットワークス
http://www.skyarch.net/

RootCloud
http://route.skytown.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]