サイバーエージェント、ソーシャルメディアの監視サービス「CASS」の提供を開始

自然言語解析技術のメタデータと提携、マーケティング活用に伴う風評被害を軽減
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、自然言語解析技術のメタデータと提携し、高精度でリアルタイムに対応できるソーシャルメディア上の監視サービス「CASS(CA Secure Social)」の提供を始める、と12月22日発表した。ソーシャルメディアのマーケティング活用に伴う風評被害のリスクを軽減し、安全で安心なソーシャルメディア施策やキャンペーンをサポートする。

適合型の自然言語解析エンジンを利用し、ソーシャルメディアでのユーザーのコメントを高い精度で解析。独自の辞書と論理を基に有害の判断から要注意クレームのリアルタイム通知まで、実績99%の精度で判定するという。2011年6月末までに100社への導入を目指す。サイバーエージェントはソーシャルメディアに関して、有人監視による投稿管理・監視・対応サービスも提供している。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

メタデータ
http://www.metadata.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス