2010年で一番の検索エンジン業界ニュースは? アイレップが「2010年SEM業界10大ニュース」発表

SEM業界の10大ニュースを解説コメント付きで発表した

検索エンジンマーケティングのアイレップ SEM総合研究所は、2010年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを取りまとめた「2010年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース」を12月15日に発表した。

選定の結果、2010年最も影響度の高いニュースとして、「ヤフーが米Google Inc. の検索エンジンと広告配信システムを採用」が選ばれた。ニュースの選定は、日本のSEOの第一人者でもあるSEM総合研究所所長の渡辺隆広氏を中心に討議を重ねて行い、各トピックの解説も行っている。

2009年に米ヤフーと米マイクロソフトが検索事業で提携したことで、日本でもヤフーがマイクロソフトの検索エンジンBing、広告配信システムのadCenterを導入するとだろう、との憶測もあったが、2010年7月末にヤフーが発表したのは、米グーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用だった。その後、一部で独占禁止法に抵触する疑いがあるなどの指摘もあったが、公正取引委員会からは問題ないとの公式発表が行われたほか、2010年12月1日時点でYahoo! JAPANのオーガニック検索においてグーグルへの移行が完了したことが確認された。

発表されたSEM業界10大ニュースは次のとおり。

  1. ヤフーが米Google Inc. の検索エンジンと広告配信システムを採用
  2. 米Yahoo!の検索・広告プラットフォーム移行が無事完了
  3. マイクロソフト、検索エンジン Bing 日本版を正式提供開始
  4. Google、ユーザインターフェースの改良を積極的に推し進める
  5. ヤフーの「キーワードアドバイスツール」が復活
  6. D2C、NTTドコモ iMenuサーチ向けのリスティング広告開始
  7. Googleプレイス検索が登場、検索表示順序に影響も
  8. サイト表示速度対策が必要か?! Google、ランキングアルゴリズムにページ読込速度を取り入れる
  9. スポンサードサーチ モバイルが広告品質を考慮するように変更
  10. Google、検閲廃止、中国から撤退

2010年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース
http://www.irep.co.jp/press/release/2010/1215-579.html

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]