シンメトリック、携帯サイトログ解析支援ツール「footprint」のバージョン2.0を提供開始

独自技術で携帯サイトのユニークユーザーを正確に把握、Cookieエミュレーション機能なども追加
よろしければこちらもご覧ください

システム開発のシンメトリックは、携帯サイトのユニークユーザーを正確に把握できるアクセスログを自動的に記録するApacheモジュール製品「footprint(フットプリント)」のバージョン2.0を提供開始した、と11月15日に発表した。ライセンス料金は1台30万円、保守料金は1年5万円。

携帯サイトではキャリアゲートウェイを通過するたびにIPアドレスが変更されるため、IPアドレスベースのアクセスログからは正確なアクセス解析ができなかった。フットプリントはキャリアのユーザIDベースのアクセスログを自動的に記録することで、アクセスログからユニークユーザ数を計測できるようにした。また、解析元データが残らないWebビーコン型サービスでも解析元データを自社のサーバ内にアクセスログとして記録。任意のツールで解析可能にした。

ほかにCookieエミュレーション機能を搭載。Cookie非対応端末でもCookieベースの携帯サイト開発が可能となった。キャリアや通信方法で異なり、利用しづらいキャリアIDも、フットプリントが自動付加するヘッダ情報を取得でき、開発時から利用できるようになった。

シンメトリック
http://www.symmetric.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]