アップルと電通、「iAD」を2011年の早い時期に展開するためパートナーシップ締結

電通は広告販売と広告制作を担当、アップルは「iPhone」などにiAdを配信
よろしければこちらもご覧ください

アップルと電通は、アップルのモバイル広告ネットワーク「iAD」を日本で2011年の早い時期に展開するため、パートナーシップを結んだ、と11月10日発表した。アップルが「iPhone」と「iPod touch」向けにiAdの配信を行い、電通はiAdの日本での広告販売と広告制作を担当する。電通子会社でインターネット広告のサイバー・コミュニケーションズが、広告制作進行とプランニングを含むiAdの一括サービスを提供する。

iAdは、アプリケーションを利用した状態で広告が体験でき、ビデオを見たりゲームをしながら広告内の商品を購入したり、アプリのダウンロードやコンテンツ購入が可能。米国では7月に立ち上がっている。iAdのネットワークに参加するアプリ開発者は、アプリにさまざまな広告を取り入れることができ、iAdネットワーク収入の60%を受け取れる仕組み。

アップル
http://www.apple.com/jp/

電通
http://www.dentsu.co.jp/

サイバー・コミュニケーションズ
http://www.cci.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]