Fringe81のバナー最適化配信サービス「iogous」が新機能搭載でバージョンアップ

サイバーエージェントの「CAMP」ともシステム連携、コンバージョンに基づいて最適化配信
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告技術の開発のFringe81(フリンジ ハチイチ)は、同社の提供するバナー最適化配信サービス「iogous(イオゴス)」に2つの新機能を追加、バージョンアップした、と10月22日に発表した。iogousは、同社が独自開発した統計解析を利用してデザイン要素や文言の自動最適化する「クリエイティブ・オプティマイゼーション」技術を搭載したバナー広告自動生成・配信プラットフォーム。

追加された機能は、コンバージョンに基づいて最適化配信を行う機能と、対応バナーサイズを2つから5つに増やした。また、 インターネット広告のサイバーエージェントの広告効果検証システム)「CAMP(CyberAgent Marketing Platform)」とのシステム連携を完了した。CAMP導入企業では、タグ設置不要でiogousの最適化配信を利用できる。

Fringe81
http://www.fringe81.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]