ミックスネット、CMS「SITE PUBLIS 3」ベーシックにアクセシビリティ対応オプション

シリーズに搭載している機能をローエンド版のベーシックでも提供

ウェブサイト構築・活用支援のミックスネットワークは、同社のCMS(コンテンツ管理システム)「SITE PUBLIS(サイト・パブリス)3」のローエンド版、ベーシックライセンスにアクセシビリティ対応オプションを加え、9月30日に提供を始めた、と同日発表した。SITE PUBLISシリーズに標準搭載している高齢者や障害者への配慮設計指針「JIS X8341-3:2010」に準拠したコンテンツ作成のためのチェック機能を、ベーシックライセンスにもオプションとして追加した。

ミックスネット
http://www.micsnet.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]