ファーストサーバ、中小企業向けの「クラウドアプリケーションサービス」の提供を開始

ビジネス用のアプリケーションソフトと稼働環境のパッケージ、最小規模から導入可能

レンタルサーバー事業のファーストサーバは、中小企業向けの「クラウドアプリケーションサービス」を9月30日提供開始した、と同日発表した。ビジネス用のアプリケーションソフトと稼働環境をパッケージにした。最小の利用規模から導入でき、ソフトを搭載したサーバーも、CPUの数、メモリ、ディスク容量を必要に応じて拡張可能。

グループウェア、CMS(コンテンツ管理システム)、SFA(営業支援)・CRM(顧客管理)、ファイル共有、メール誤送信防止の5種の7サービスでスタート。12月には2種2サービスの追加を予定している。ソフトは、提携した各ビジネスアプリ会社が提供。1つの仮想環境に1アプリを設定する。料金はソフトによって異なる。

ファーストサーバ
http://www.firstserver.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]