KDDI-WC、root付き専用サーバーで構築・運用代行オプション「フルマネージドサービス」提供開始

ユーザーからの要望を受けてサーバー環境構築から運用までを行う
よろしければこちらもご覧ください

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズは、同社が「CPI」のブランドで提供する管理者root権限付き専用レンタルサーバー「カスタマイズエンジン」において、サーバー環境を構築し、運用・保守などを代行するオプション「フルマネージドサービス」の提供を9月21日に開始した。

一般的なroot権限付き専用サーバーは、ウェブサーバーの設定やソフトウェアのインストールなど、すべてユーザーが構築・運用する必要があり、さらに、障害時もユーザーが自分で復旧作業をする必要がある。一方、root権限が付いていないマネージドタイプの専用サーバーでは、ユーザーがそうした対応をする必要はないが、その反面、自由にアプリケーションなどのインストールができないという制限がある。

同社の「フルマネージドサービス」は、root権限付き専用サーバーのroot権限を同社で預かり、ユーザーからの要望を受けてサーバー環境構築から運用までを行ってもらえるサービス。インストールにroot権限が必要なソフトウェアを使用したい場合や、サーバーの設定変更を行いたい場合なども、対応するとのこと。

サービスには「スタンダード」「ハイグレード」「エクセレント」の3プランがあり、それぞれ構築・運用できる内容が異なる。上位プランでは、3か月毎に負荷状況などを報告するサーバーレポーティングや、年に2回実施するシステム脆弱性監査が含まれているのが特長。

またオプションとして、現在利用している環境からCPIに移行をする際の環境移行を行うなどの追加サービスも設けられている。

フルマネージドサービス各プランの対応内容
 スタンダードハイグレードエクセレント
ウェブサーバー構築
メールサーバー構築
DBサーバー構築
FTPサーバー構築
サーバー保守・監視
サーバーレポーティング×
システム脆弱性監査××
セキュリティ情報配信××
フルマネージドサービス料金(税込み)
 CE01CE02CE03CE04CE05CE06
スタンダード非対応初期費用4万7,250円、月額費用3万1,500円
ハイグレード非対応初期費用6万3,000円、月額費用4万7,250円
エクセレント非対応初期費用10万5,000円、月額費用6万3,000円
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]