DACの次世代型広告配信プラットフォーム「iPS-X」がスマートフォンに対応して提供開始

スマートフォン向け広告配信機能を追加、各種SDK搭載の「iPS-X for smartphone」
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、独自の次世代型広告配信プラットフォーム「impAct. Progressive Suite X(iPS-X)」にスマートフォン向けの広告配信機能を追加した「iPS-X for smartphone」の提供を開始した、と8月27日に発表した。iPS-Xは月間600億インプレッション以上の広告を配信するソリューションで、アクセス状況に応じてリアルタイムで配信・レポートを実施できる。iPS-X for smartphoneは、スマートフォンで表示される多様な広告フォーマットに対応するSDKを搭載。スマートフォンやアプリへの広告配信と、PCサイトをスマートフォンで表示した場合の専用広告フォーマットにも対応する。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
http://www.dac.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]