アイレップ、「iPad」からのアクセスに限定した「タブレットPC解析レポート」開始

通常のPCユーザーと異なる動きを示す可能性があるためiPadに絞って提供

検索エンジンマーケティング(SEM)のアイレップは、米アップルの多機能情報端末「iPad」からのウェブアクセスを解析してレポートする「タブレットPC解析レポート」サービスを始めた、と7月20日発表した。iPadはPC用サイトが閲覧できるが、画面の大きさや機能制限などから通常のPCユーザーと異なる動きを示す可能性があるため、iPadからのアクセスに限定した解析レポートを提供する。レポートは、サイトトラフィック、コンバージョン(成果)、キーワード、ページの遷移など。

iPadは世界累計販売台数が300万台を突破。先端的なデバイスなだけに、ユーザ特有のサイト上の購買、問い合せなど行動特性があり、従来のPC向けとは異なる適切なアプローチが重要になってきているという。初期費用、運営費ともサイトの規模によって都度見積もり。アイレップは、iPad向けではウェブサイト提供サービスの「タブレットPC SEM」と、リスティング広告運用サービス「タブレットPC リスティング広告」を実施。今回の解析レポートで3種目。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]