ディー・ワークス、携帯アクセス解析「wellout」の新版「2010-spring」提供開始

どの場所からユーザーがアクセスしているか分析できるGPS解析機能などを追加
よろしければこちらもご覧ください

システム開発・アクセス解析サービスのディー・ワークスは、同社のSaaS型携帯サイト専用アクセス解析・効果測定サービス「wellout」に、GPS(位置情報)解析機能などを追加した「2010-spring」バージョンを3月1日提供開始した、と同日発表した。GPS解析レポートは、どの場所からユーザーがアクセスしているかを、最小で500メートル四方単位の地図上で分析可能。ベータ版公開で、今後カスタマイズして提供する。

2010-springバージョンはほかに、広告からの経路解析に対応。広告から流入したユーザーがどのページで迷っているか、やユーザーが一番多い導線はどれかなどに関して、広告ごとにユーザーの動きが分析できる。welloutは、iモード、EZwebなどの公式サイトと一般サイト、スマートフォンに対応。年間3回のペースでバージョンアップし、約250サイトへの導入実績があるという。

ディー・ワークス
http://www.d-worx.co.jp/

wellout
http://www.wellout.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]