「アイル」の専用型ホスティングサービスで「仮想化サービス」の提供を開始

GMOホスティング&セキュリティ、サーバー効率化やサーバー台数抑制が可能
よろしければこちらもご覧ください

ホスティングサービスのGMOホスティング&セキュリティは、同社のホスティングブランド「アイル」の専用型ホスティングサービスで、1つのサーバーに複数のサーバー環境を構築する仮想化技術を使った「仮想化サービス」を2月4日提供開始した、と同日発表した。1つのOSを仮想化することでそれぞれの仮想領域を完全分離し、効率的にサーバーが利用でき、サーバーの効率化やサーバーの台数の抑制が可能になる。仮想化ソフトをインストールした状態で提供する。初期費用1万500円、月額5250円から。

GMOホスティング&セキュリティ
http://gmo-hs.com/

「アイル」専用サーバーサービス
http://private.isle.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]