NECビッグローブ、ホスティングとCMSをワンストップ提供する「CMS All in One for WebRelease」開始

レンタルサーバーとCMS「WebRelease 2」をセットに。サイト企画制作のオプションも提供する
[AD]

インターネットサービス事業のNECビッグローブは1月26日、フレームワークスソフトウェアおよびロフトワークと連携し、Webサイトの効率的な構築運用を実現するSaaS型サービス「CMS All in One for WebRelease」の提供開始を発表した。

CMS All in One for WebReleaseは、NECビッグローブが提供するレンタルサーバーとフレームワークスソフトウェアのCMS「WebRelease 2」を組み合わせ、SaaS型でサービス提供する。CMS導入用のサーバー購入の初期費用などを抑え、手軽にCMS導入をできるほか、導入後のシステム管理や運用作業の必要がなく、導入企業は企画制作に注力できる。また、豊富なWebサイト制作実績を持つロフトワークと連携し、企業のニーズに応じたサイトの企画・デザインから制作までをサポートするオプションも提供する。

利用料金は、作成可能ページ数500ページで初期費用52,500円、月額52,290円。WebRelease 2 Workgroup Editionのライセンス未所持の場合はライセンス購入費、月額44,100円(12か月払いの場合)が必要になる。作成ページ数無制限のEnterprise Edition版は今春に提供予定している。

CMS All in One for WebRelease
http://business.biglobe.ne.jp/webintegration/cms/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]