UEIがmixiアプリなどに対応した「ZEKECMS ソーシャルゲームキット」を提供開始

画像とシナリオを用意するだけでもゲーム開発が可能、高度なゲーム開発にも対応
[AD]

ネットワークコンテンツの企画・研究・開発及びコンサルテーション事業のユビキタスエンターテインメント(UEI)は、mixiアプリなどに代表されるSNSアプリの構築・管理を効率化し、複数のSNSプラットフォームへのコンテンツ提供を一括管理・運営可能にするフレームワーク「ZEKECMS ソーシャルゲームキット」を12月上旬より提供開始する、と11月13日に発表した。価格は、初期費用500万円、月額100万円から(16理論CPUコアまで)。

UEIは主要なケータイ向けブラウザゲームのデザインパターンを分析、ゲームエンジン化した。基本機能に位置情報をサポートしたスタンプラリーゲームを搭載し、シナリオと画像を用意するだけでSNSに対応したカジュアルゲームを提供可能という。高度なカスタマイズにも対応し、本格的なゲーム開発もできる。
また、ブラウザゲーム運営では、アイテムの追加や変更、画面変遷やキャラクターのパラメーター、台詞などの変更はAjaxで構築された管理画面から一括変更可能。さらにクラウドサービスにも対応する。

リリース時点での対応プラットフォームは、mixiアプリ、mixiモバイルアプリ、Facebookなどで、順次、主要SNSに対応していくという。

ユビキタスエンターテインメント
http://www.uei.co.jp/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]